*

お天道さんが、すもも畑を休ませてくれないんです

すもも(プラム)栽培を中心とした農業記録 *

*

「柿の畑にてに関する記事」

柿もたくさん干してますね

柿の壁ができる

ほぼ毎日柿を剥いていくと、どんどん干し場が柿で埋まっていきます。

最初のころよりも、柿の皮をむくスピードが速くなりました。

そのおかげであっという間にカートもいっぱいに。

やりとげた感を味わえますね。

オレンジの壁ができると、遠くから見てみてもキレイなもの。

ひとつひとつにだんだん愛着もわいてきます。

カビていないか確認し、ライトでしっかりとチェック。

全部が無事に出荷できることを祈ります。

柿むきはまだまだ終わらない

 

柿剥きに一生懸命

柿をひたすら剥いています。

柿剥きのための機械も使っていますが、半手動ですので剥ける個数に限りはありますね。

ですので、人海戦術です。

やはり頼りになるのが人の存在ですね。

ひとりひとり役割をつけて、流れ作業で剥いています。

人の目でしっかりと確認し、剥き残しがないかをチェック。

剥いていない個所があると、出荷するときに皮を剥がす手間が増えますしね。

何事も真剣です。

柿の表面が少しずつ乾く

柿が乾く

柿の表面がしわしわになり始めています。

ストーブの加温と、扇風機の風でじんわりと乾燥してきましたね。

一気に熱と風を柿に当てると、表面ばかり乾いてしまう袋柿になってしまいます。

となると、中の果肉の渋がいつまでたっても抜けなくなっちゃうんですね。

内部の水分もじわじわと外へ抜けていき、渋も抜けていくのが理想。

剥きたての柿は、はじめは風を主体に乾かしていくのが良いらしいですよ。

早く仕上げたいけど、急ぐと渋が抜けない。

じっと辛抱しながら、様子を待ちます。

ビニールハウスの中で

ハウスの中で干します

干し柿はビニールハウスの中で作っています。

以前は外に吊るして、冷たい風に当てて干したりしました。

今でも有名な干し柿産地では、大体が露地で行っていますね。

けれど衛生面やカビの心配を考えると、やはりハウス内が適しているかと。

このハウスは完全に遮光してまして、換気扇がついています。

直射日光に柿が当たると色が褐変しやすく、キレイに仕上がりません。

粉を吹かせる枯露柿なら問題ありませんが、あんぽ柿だとやはり鮮やかなオレンジ色に仕上げたいもの。

いろいろと工夫をしてみながら、取り組んでいます。

柿をたくさん吊るす迫力

剥きたての柿たち

剥きたての渋柿たちです。

こうしてカートにかけて並べてみると、迫力がありますね。

存在感が出てて、こちらが圧迫されそうな感じ。

色も上品で、これから干していくうちにどう変化していくのかが楽しみですね。

渋柿を干せば甘くなりますが、やはり同じ渋柿であっても熟したものが良いみたいです。

オレンジ色は適期ですが、さらに赤みが混じり始めたくらいの柿を収穫すると、より甘い仕上がりに。

すももでもそうですが、木で熟させるとやはり美味しくなりますよね。

渋柿とはいえ、収穫時期もしっかりと見極めないと。

柿の収穫は続いています

柿の収穫もしないと

甲州百目の柿の収穫は、まだまだ続いていますよ。

柿の皮むきもしなきゃいけませんが、まだ取りきれていない柿がまだ畑にたくさん。

日持ちがする分、収穫をあとのばしにしがちですね。

日を見つけて、どんどん柿を取っていきます。

百目柿は1個が400g近くありますので、収穫コンテナもあっという間にいっぱいになります。

いっぱいになったコンテナは重いもの。

ですので、軽トラで近くまで寄せてから荷台に載せていますね。

なるべく体に負担がかからないように、収穫していきます。

 

角材へ柿を並べて

柿干しです

柿をクリップでつけたあと、角材にそれを並べていきます。

お互いの柿がぶつかりあわないように、少しだけ間をあけてます。

大きな百目柿のため、一本に吊るせるペアは自然と少なくなりますね。

そのぶん、多くの角材が必要になりました。

これらをカートに載せていきます。

そうすれば柿を干したまま、移動が可能。

剥いたばかりの柿はもちろん水分を含んでいますので、カートであっても動かす時には重かったり。

地面に落ちないように、注意しながら作業します。

*