*

お天道さんが、すもも畑を休ませてくれないんです

すもも(プラム)栽培を中心とした農業記録 *

*

2021年のすもも、ありがとうございました。

今年も多くの方にご購入いただきまして、誠にありがとうございました。

早めに花が咲いてから、あっという間に駆け足ですすんでいった年でした。

いろいろありましたけど、何よりもコロナでマルシェへ行けなかったことが残念。

来年こそ、みなさんにお会いできたらいいなっと思ってます。

すももの摘果、盛りです。

すももの摘果をどんどん、進めています。
今年は実の付き具合がよく、その分たくさんの実を落としています。
ひとつひとつの実に、たくさんの栄養が行くように数を少なくする。
立派なすももができることを、期待してます。

真っ盛りな、すももの授粉です。

すももの授粉が盛りを迎えています。
ほんの1週間程度しか花はもちませんので、ひたすら授粉作業に明け暮れています。
すももの一年が始まる、非常に大切な作業。
たくさん実がついてくれるよう願いながら、励んでいます。

すももの花粉とりの、始まり。

いよいよ、すももの花粉とりが始まりました。
咲ききる前の、ふくらんだつぼみを集めていきます。
少しずつ、丁寧に削ぎ落とし、コンテナの中へ。
春の陽気も楽しみながら、仕事をしていきました。

風が強い冬の日

寒い日が続きます。
それでも、未だに富士山に雪が積もっていません。
南アルプスや八ヶ岳は真っ白なのに。
富士山の様子を気にしながらも、畑仕事をしてます。

ぶどうの木を切り始める。

剪定の時期になりました。
まず、手始めとしてぶどうの木から。
棚仕立てなので、雪が降って倒壊するおそれがあります。
枝数を少なくして、早めにスッキリさせました。

*