菊島西洋堂東支店

ジャム・ソース

マスコット
ライン

定番な農家レシピです。すももジャム。

くだもの農家が必ずといっていいほど作る加工品、それがジャムやソースです。なによりも手軽にできて保存もできますので、捨てるよりは生かしたほうがいいですよね。私たちもパンにつけたりヨーグルトへ入れたりしてますよ。

 

用意するすももジャム・ソースの材料

  • すもも
  • 砂糖 (すももの重さの30%分)
  • レモン果汁 (すももの重さの3%分)
 

手順

1.すももは種をとりだして、適当な大きさに切り分けます。
2.鍋にすもも・砂糖・レモン果汁を入れて、かき回しながら煮詰めます。焦げ付かないように気を付けてください。(ソルダムといった酸味が比較的強い品種の場合は、すももや砂糖の量を調節してください。)
3.ソースの場合、煮詰めてなめらかになった段階で火を止めます。
3.ジャムの場合、粘り気が出てきたら火を止めます。(熱い状態でなめらかになっていても、冷めると粘性が増します。お好みの時間で煮詰めてください。)
4.ジャム、ソースの完成。

   

保存するためのビン

たくさん作っても、一度にはなかなか使い切れませんね。ですので、ガラスビンに入れて保存しましょう。
1.ビンとフタを沸騰したお湯の中に入れて殺菌。とりだしたら、水気はきれいにふき取りましょう。
2.熱いすももジャムやソースをビンが熱いうちに入れます。このとき、ジャムはビンの首あたりまで入れてください。
3.ビンを鍋の中に置いて、ビンの上にフタを置きます。
4.鍋にビンの肩までお湯をいれて、20~30分間沸騰させましょう。脱気をしています。(沸騰してくると、泡でビンが倒れたりすることがありますので、適度に沸騰させてください。)
5.鍋からビンを取り出して、フタをきつく締めてください。すももジャムが冷めたときに、フタの中心がへこめば脱気成功です。
室温で数か月保存することも出来ますが、フタを開けたら冷蔵庫で保存し、早めに使いきりましょう。

 
ライン