菊島西洋堂東支店

一年の流れ

マスコット
ライン

すももを栽培するための一年の流れ

ホームセンターや園芸店へ行けば、くだものの苗があるかと思います。そのなかにすももがあれば、ぜひ栽培してみましょう。ポットのままで結構です。庭に植え付けられれば、すももは大きくのびのびと成長して、たくさんのすももを実らせることでしょう。では、どのように栽培すればよいのか。一年のすももの育て方をご紹介します。

 

4月は花の咲かせます。

すももの花は何色でしょうか。すもももももももものうちとは言いますが、桃の花はピンク色に対してすももは白色の花を咲かせます。この季節は授粉をします。虫がやってくれたりしますが、すもも農家はみな人工授粉します。

   

5月は実が出来始めます。

ゴールデンウィークあたりには、マッチ棒のような小さなすももが実り始めます。受精しなかったすももの実は、やがて黄色くなって自然と落ち、結実した実は緑色のまま、大きくなっていきます。
たくさんすももの実が付いていると、小さなすももになってしまいますので、いくつか実を落としていきます。野菜の間引きとおなじ作業です。

 

6月~8月はすももを収穫

待ちに待ったすももの収穫の時期です。すももの収穫するタイミングは食べごろのポイントを見てくださいね。

   

10月はお礼肥い

一年間お疲れ様の気持ちと、来年もよろしくの気持ちを込めて、肥料を撒きます。おいしいすももをたくさん実らせたので、木は疲れている状態です。

 

12月~2月でさっぱりと枝切り

葉っぱが完全に落ちて枝だけになったら、枝を切って樹形を整えていきます。また葉っぱが出てきたときに、まんべんなく太陽の光を浴びられるようにしましょう。

 
ライン