菊島西洋堂東支店

種をとりだして

マスコット
ライン

まずはすももの種を取り出しましょう

みなさんで分け合って食べるときには、小さく切り分けてお皿に盛ります。その場合、まずはすももの種を取り出しておくとうまく切り分けられますよ。

 

すももの半分のところへナイフを入れます。

果肉を半分に切り分けるつもりで、ナイフを入れてください。このとき、縫合線(スジのようにへこみがあります。)に沿ってナイフを入れてください。すると、途中ですももの種にぶつかると思います。
次にナイフはそのまま固定、すももを回して果肉を切っていきます。一周させれば皮から種までの果肉に切りこみが入ったかと思います。そうしたらナイフを外してしまいましょう。
一周入った切りこみを境に、両側の果肉をそれぞれ手で持ち、ゆっくりとひねってください。すると、種がはずれた半分の果肉と、種がついた半分の果肉とに分かれます。あとは、見えている種をはがすだけですね。

   

大玉のすももに有効

この方法は、ある程度おおきなすもも(貴陽、太陽、エンジェルなど)なら活用できます。逆に小ぶりなすもも(一口サイズ)やプルーンの場合は、そのまま果肉を切り落として分けていった方が良いでしょう。
お好みの切り方でお召し上がりください。

 
ライン