*

お天道さんが、すもも畑を休ませてくれないんです

すもも(プラム)栽培を中心とした農業日誌 *

*
*

「いろいろに関する記事」

青山ファーマーズマーケットで、すももを

プラムをマルシェで

青山ファーマーズマーケットにて、すもも「大石早生」を販売しました。

先週に引き続き、天候の悪い中、常連の方をはじめ、多くのお客様にきていただき誠にありがとうございました。

一年ぶりになる再会に、こちらとしても嬉しくなります。

多くのみなさんにお会いできるだけでも、マルシェに参加する価値はありますね。

大石早生の収穫もひと段落

ノスタルジックな作業場

すもも「大石早生」の収穫を終えることができました。

一番最初に収穫するすももですので、やはりある程度の緊張感はあります。

例年よりも早かったりしたので、収穫の予定を立てるのもゴタゴタしたり。

ちょっとすももの端境期になり、今度はソルダムの収穫です。

すもも出荷をみんなで

すももの出荷は大勢

すもも出荷作業がどんどん忙しくなってきました。

収穫する量も多くなり、作業場も慌ただしいですね。

人手はとにかく欲しいこの季節。

まさに農繁期。

パック詰めの大石早生

パックで出荷されるすもも

パック詰めされた大石早生です。

市場用ですので、すももを早もぎしたものですね。

大石早生は熟期があっという間に過ぎてしまうので、早め早めで収穫していきます。

熟期に遅れないように、必死ですももをもいでいきます。

すももの出荷作業で

すももの出荷作業

すもも「大石早生」を選果していきました。

大きさ、キズ、変形などを確認しながらすももを選んでいきます。

収穫以上に時間がかかるのが、この出荷作業。

ひとつひとつ手に取っては、選別していきます。

木の電柱があります

木の電柱

近くの畑には、木の電信柱があります。

昔ながらの様子に、とても哀愁を感じますね。

これから夏になればなるほど、ノスタルジック感が増します。

農業をしていてよかった。

*