*

お天道さんが、すもも畑を休ませてくれないんです

すもも(プラム)栽培を中心とした農業記録 *

*

真っ盛りな、すももの授粉です。

すももの授粉が盛りを迎えています。
ほんの1週間程度しか花はもちませんので、ひたすら授粉作業に明け暮れています。
すももの一年が始まる、非常に大切な作業。
たくさん実がついてくれるよう願いながら、励んでいます。

すももの花粉とりの、始まり。

いよいよ、すももの花粉とりが始まりました。
咲ききる前の、ふくらんだつぼみを集めていきます。
少しずつ、丁寧に削ぎ落とし、コンテナの中へ。
春の陽気も楽しみながら、仕事をしていきました。

風が強い冬の日

寒い日が続きます。
それでも、未だに富士山に雪が積もっていません。
南アルプスや八ヶ岳は真っ白なのに。
富士山の様子を気にしながらも、畑仕事をしてます。

ぶどうの木を切り始める。

剪定の時期になりました。
まず、手始めとしてぶどうの木から。
棚仕立てなので、雪が降って倒壊するおそれがあります。
枝数を少なくして、早めにスッキリさせました。

枯露柿の出荷を。

枯露柿の出荷を迎えました。

今までの中で、一番良く仕上がりました。

粉のふきぐあいも上品で、柔らかさも甘さも保ってる。

とても満足しています。

冬が来る前に、やっておきたい。

もうすぐで12月ですね。

秋が終わろうとしていても、まだやらなきゃいけない農作業がありました。

来年の畑にむけて、肥料をまいたり、畑を片付けたり。

もっと寒くなってからだと、やる気もなくなっちゃいますしね。

*