*

お天道さんが、すもも畑を休ませてくれないんです

すもも(プラム)栽培を中心とした農業記録 *

*

風が強い冬の日

寒い日が続きます。
それでも、未だに富士山に雪が積もっていません。
南アルプスや八ヶ岳は真っ白なのに。
富士山の様子を気にしながらも、畑仕事をしてます。

ぶどうの木を切り始める。

剪定の時期になりました。
まず、手始めとしてぶどうの木から。
棚仕立てなので、雪が降って倒壊するおそれがあります。
枝数を少なくして、早めにスッキリさせました。

枯露柿の出荷を。

枯露柿の出荷を迎えました。

今までの中で、一番良く仕上がりました。

粉のふきぐあいも上品で、柔らかさも甘さも保ってる。

とても満足しています。

冬が来る前に、やっておきたい。

もうすぐで12月ですね。

秋が終わろうとしていても、まだやらなきゃいけない農作業がありました。

来年の畑にむけて、肥料をまいたり、畑を片付けたり。

もっと寒くなってからだと、やる気もなくなっちゃいますしね。

あと少しで、柿むき終わる。

干し柿づくりも終盤になってきました。

最後の柿を剥き終えて、あとは乾燥させるだけ。

天候のおかげもあって、順調に乾いてきています。

これからは出荷作業が本格化してくる季節。

あんぽ柿の出荷、始まる。

いよいよ、あんぽ柿の出荷が始まります。

ただ、今出荷できているのは、いままでとは違う品種。

量が少なく、試しにやってみました。

来年は、たくさんできるかな。

秋風と、吊るし柿。

干し柿づくりが続きます。

今回から「平核無柿(ひらたねなしかき)」をむき始めました。

苗木から植え付けて、ようやく本格的に今年から収穫。

どんな干し柿になるか、楽しみです。

*