*

お天道さんが、すもも畑を休ませてくれないんです

すもも(プラム)栽培を中心とした農業日誌 *

*
*

柿の収穫を

百目柿が適期

あんぽ柿用の百目柿が収穫を迎えています。

あっという間にきれいなオレンジ色になりました。

長く続いた秋雨も終わり、今では秋晴れ。

青い空に、オレンジ色の柿が映えます。

すももの収穫おわり

すももを収穫し終えました

すももを収穫し終えました。

今年は面積も広がり、農作業の量も格段に多くなりましたね。

毎日めまぐるしく作業をこなし、予定を立てながらも天候に翻弄されたり。

まったくと言っていいほど、このブログも更新できずにいました。

しかし、今年はいろいろなご縁もあり、多くのメンバーによって夏を乗り越えることができました。

やはり人がいることで支え合えることができるし、新しいことにも挑戦できましたね。

マルシェや取引先にも、すももには大変お世話になりました。

お客さんからの喜んでいただけているエールが、ぼくらのなによりの励み。

みなさん、本当に心から感謝しております。

ありがとうございました。

すももの摘果、まっさかり

摘果をどんどん

すももの摘果を行っています。

びっしり枝に成っているものもあれば、ほどよく実っている枝もありますね。

前者なら摘果をするのに、大変手間がかかります。

授粉がちゃんと成功した証なんですけどね。

すももの花を授粉しているときには、本当に実るのか心配になるもの。

けど時期がくれば、なんでこんなに授粉してしまったんだろうと反省したり。

安定生産には仕方ないですね。

美味しいすもものために、がんばりますよ。

すももの摘果、はじまり

大きくなったすもも

すももが大きくなりました。

ここまでくれば、不受精果ではなく、安心して枝に残せます。

受精しているか、していないかは、大豆くらいの大きさになってから分かります。

受精していない実は、そのまま大きくならず、次第に黄色くなって自然に落ちてしまいますね。

これからしばらく、すももの摘果が続きます。

桃とくらべて、すももの方がプチプチと実を落とせるので、比較的楽ですね。

桃は軍手していないと、手が痛くなりますから。

どんどん、落としていきますよ。

やさい畑をつくります

トラクターで耕す

すももの摘果が始まる前に、トラクターで耕運しています。

ここは柿の苗を植えたばかりの畑です。

ただ苗木を育てていては、畑がもったいないので、やさいを作ってみようかと。

桃栗3年、柿8年ですから、8年間何も収穫ナシはさみしいですしね。

もともと草生栽培だったので、トラクターで何度も耕します。

草が残っていると、いろいろと作業が面倒だったり。

もっと前もって計画を立てておけば、ちゃんと整備できたんですけどね。

とにかくやってみます。

*