菊島西洋堂東支店

菊島西洋堂東支店のはなし

マスコット
ライン
  1. トップ
  2. 菊島西洋堂東支店のはなし
菊島西洋堂東支店

はじめまして。菊島西洋堂 東支店です。

山梨県は笛吹市のくだもの農家です。
主に「すもも」を栽培しており、その他に農業研修などを行っています。

 

昔のお話

実家は昔から菓子問屋を営んでいます。
そのお店の名前が「菊島西洋堂」。
当時はお菓子があまり出回っていなかったため、砂糖の量り売りやお菓子商品の小分けをしていました。
現在は山梨の甲府で営業を続けています。

 

名前の由来

家が農業を営んでいなかったため、新規就農者です。
農業法人で研修後2010年10月に独立、その後借りたくだもの畑の場所は笛吹市でした。
笛吹市は、甲府市の「菊島西洋堂」から見て、東に位置しています。
そこから「菊島西洋堂 東支店 (きくしませいようどう ひがししてん)」と名付けました。

   

想い

「支店」という言葉は、「本店」とつながっていることを意味します。「支店」があちこちにあっても、「本店」というグループとしてまとまっています。
これを農業にあてはめてみました。
「本店」=農業。「支店」=みなさん。
みなさんは農業を通してつながっている。つながることで、農業の魅力をみんなで分かち合えれば、どんなに楽しい世界になることか。と思っています。
私もほんの一員として「東支店」を掲げています。
みなさんもひとりひとりが「○○支店」であってほしいです。

 

所在地

〒406-0835 山梨県笛吹市八代町米倉667-1

 
ライン